楽天カードとヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)を比較

ネット通販は、Yahoo!ショッピング楽天市場
あなたはどっちを使うことが多いでしょうか?

楽天カードとヤフーカードを比較

実際のところ、どっちも利用する!という方が多いかもしれませんね。

 

商品やタイミングによって、安い方のショッピングモールを選ぶのが賢い選択といえるでしょう!

 

こうした超有名通販サイトでお買い物するなら、「楽天カード」と「ヤフーカード(YJカード)」は目にしたことがあるはずです。

 

ネット通販を楽しみながら、よりお得にポイントを貯められるのはどちらのクレジットカードでしょう?

 

「楽天カード」と「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」どっちが便利か比較してみました。

 

楽天カード申し込みとヤフーカード申し込みを比べて検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

 

→ 楽天カード申し込みページ

 

 

楽天カードの基本情報

 

楽天カード比較

 

  • 発行元:楽天カード株式会社
  • 選べる国際ブランド:Visa、MasterCard、JCB
  • 年会費:永年無料
  • 支払日:月末締め→翌日27日支払い(金融機関がお休みなら翌営業日)
  • 獲得できるポイントについて
  • ・名称:楽天スーパーポイント
    ・還元率:原則1.0%(100円=1ポイント)
    ・有効期限:最終ポイント獲得月から1年間
    ・優遇対象になるサービス:楽天系列サービス(楽天市場、楽天トラベルなど)
    ・移行サービス:楽天Edy、ANAマイル等への交換あり
    ・利用最低ポイント:1ポイントから利用可能

  • 家族カード:年会費無料で5枚まで発行可
  • ETCカード:年会費540円で1枚発行可
  • ※更新月の楽天会員ランクによって年会費無料
  • 海外旅行保険:海外旅行傷害保険最大2000万円(利用付帯)
  • ショッピング補償:なし

→ 楽天カード公式ページ

 

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の基本情報

 

ヤフーカード 比較

 

  • 発行元:ワイジェイカード株式会社
  • 選べる国際ブランド:Visa、MasterCard、JCB
  • 年会費:永年無料
  • 支払日:月末締め→翌日27日支払い(金融機関がお休みなら翌営業日)
  • 獲得できるポイントについて
  • ・名称:Tポイント
    ・還元率:原則1.0%(100円=1ポイント)
    ・有効期限:最終ポイント獲得月から1年間
    ・優遇対象になるサービス:Yahoo!系列サービス(LOHACOなど)
    ・移行サービス:ANAマイル等への交換あり
    ・利用最低ポイント:1ポイントから利用可能

  • 家族カード:年会費無料で3枚まで発行可
  • ETCカード:年会費540円で1枚発行可
  • 海外旅行保険:対応なし
  • ショッピング補償:あり

→ ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)公式ページ

 

ポイント還元率で比べると

 

ポイント還元率で比較

 

ポイントの還元率で比較してみると
楽天カードとヤフーカードはどちらも
100円で1ポイント付与=1.0%還元
ということになっています。

 

しかし、ここで注目して欲しい違いがあるんです!

 

その決定的な違いとは、ポイント付与条件です!

 

 

Yahoo! JAPANカードの場合

カード利用ごとに100円につき1ポイント

 

楽天カードの場合

カード利用の月額利用金額の100円につき1ポイント

 

楽天カードの場合、100円未満の端数も1ヶ月で合算してくれるから、断然ポイントが貯まりやすいんです。

 

 

カンタンに例を上げて説明してみますね
180円、150円、170円、190円、120円の合計810円分を1ヶ月にカード利用をしたケースで考えると

 

ヤフーカードの場合

1ポイント×5回=5ポイント獲得

 

楽天カードの場合

合計810円分=8ポイント獲得

 

これだけの差が出るんです。
1ヶ月のカード利用回数が多い方ほど、ヤフーカードよりも楽天カードの方がたくさんポイントがもらえるというわけです。

 

1ヶ月なら僅かな違いも、年間で考えるとこの差は大きいですね!

 

1ポイントだって無駄にせずに、しっかりとポイントを貯めたい方なら、楽天カードを選ぶようにして下さい。

 

→ ポイントが貯まりやすい楽天カードの詳細

 

 

入会キャンペーン特典ポイントで比較

 

ヤフーカードも楽天カードも新規入会者を広く募集しているので、どちらも入会キャンペーンで大量ポイント特典を用意しています。

 

この入会キャンペーンポイントについて比較してみましょう。

 

どちらも、入会だけでもらえるポイントと、初回利用でさらにもらえるポイントの2段構えになっています。

 

楽天カードの入会特典は通常最大5,000ポイントで、不定期に最大7,000ポイントや8,000ポイントのキャンペーンを開催しています。
楽天カード 入会キャンペーン

 

一方ヤフーカードは、通常8,000ポイントですが、
金曜日の12:00から月曜日12:00まで、毎週末に最大10,000ポイントがもらえるキャンペーンを定期的に開催しています。
ヤフーカード 入会キャンペーン

 

最大もらえるポイントだけを考えるとヤフーカードの方が有利になりますね。

 

ただし、ヤフーカードでもらえるポイントはいずれも期間固定Tポイントなんです。
※有効期限は申込月を含む5カ月目の15日

 

期間固定Tポイントの場合は、利用できる期間が決まっていることに加え、

 

Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスでは使えないので、使い勝手が良いとは言えませんね。

 

その点、楽天カードでもらえる入会特典の2000ポイントは、期間が限定されない通常ポイント

 

ポイントの利用先が決まっている方は別にして、これはメリットが大きいかもしれません。

 

 

ショッピング保険で比較してみると

 

ショッピング クレジットカード比較

続いて通常のお買い物(ショッピング)で比べてみますね。

 

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)でショッピングした場合、
年間100万円までのショッピング保険が付帯します。

 

一方、楽天カードにはショッピング保険は
原則的に付帯しません。

 

ただし楽天カードで国際ブランドをJCBにした場合で、海外利用分に限って、(国内利用分は対象外)ショッピング保険50万円分が付帯します。

 

このショッピング保険に限れば、ヤフーカードが有利と言えます。

 

 

海外旅行の利用で比べてみると

 

海外旅行に持っていく1枚として比べるなら、楽天カードに軍配が上がります。

 

なぜなら、ツアー代金の一部や空港までのタクシー代などを楽天カードで決済すると、自動的に海外旅行保険が付いてくるからです。

 

【楽天カードの海外旅行保険】
死亡・後遺障害 : 最高2,000万円
傷害治療  : 最高200万円
疾病治療 : 最高200万円
携行品損害 : 最高20万円
救援者費用 : 最高200万円
賠償責任  : 最高2,000万円

 

また楽天カードを持っている方がハワイ旅行するなら、ホノルル空港にある楽天カードラウンジを利用することもできます。

 

他にも楽天カードなら

  • 海外手荷物宅配サービス優待
  • 海外レンタルWi-Fi優待
  • 海外レンタカー優待

といった海外サービスも受けることができるんです。

 

もちろんヤフーカードも選んだ国際ブランドに応じたサービスを受けることはできますが、

 

海外旅行での利用サービスに限って比べるなら、やはり楽天カードの方にメリットが大きいですね。

 

楽天カードバナー

 

比較まとめ表

 

最後にわかりやすいように一覧表にまとめてみます。

 

特徴

楽天カード

ヤフーカード

年会費

無料

無料

家族カード

無料5枚まで

無料3枚まで

ETCカード

年540円※

年540円

ポイント

楽天スーパーポイント

Tポイント

基本還元率

1.0%

1.0%

ポイント付与条件

月額累計金額の100円に1ポイント

利用ごとに100円に1ポイント

最大還元率

最大9倍

最大12倍

電子マネー

楽天Edy

電子マネーチャージ

楽天Edy

nanaco

Apple Pay

対応

対応

審査から到着まで

約1週間

約1週間

キャンペーン

5,000ポイント〜

 

8,000ポイント〜

海外旅行傷害保険

国内:−
海外:最高2,000万円

選べる券面デザイン

無地シルバー
お買いものパンダ(JCB,MasterCard)
FCバルセロナ(JCB,MasterCard)
ディズニー(JCB)

無地レッド
無地ブラック

 

 

このように、共に年会費無料の
ヤフーカードと楽天カードを比較してみると

 

ヤフーカード

  • ショッピング保険が付帯する
  • もらえる入会特典ポイントが多い

というメリットはあるものの

 

 

楽天カードには

  • 入会特典ポイントの有効期限がない
  • 月間利用分を合算されポイントが貯まりやすい
  •    (100円未満ももれなく合算されて無駄がない) 

  • 海外旅行保険がついている
  • ETCカードも年会費無料にできる条件がある
  • デザインカードを選ぶことができる

という大きなメリットがあります。

 

比べれば楽天カードがおすすめ

 

結論を言ってしまうと
ヤフーカードと楽天カードのどちらか一方を選ぶならば
やはり楽天カードをオススメします。

 

ただし、どちらも年会費無料という特徴があるので、
ヤフーカードと楽天カードの2枚持ちをするという選択もありかもしれませんね。

 

→ 楽天カード申し込みページ